漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「理」という漢字
「理」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「理」は小学2年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首書き順・書き方
意味

①「

 ア:「物事の正しい順序」(例:の言葉は理にかなっている、理解、道理)

 イ:「不変の法則」(例:自然の理)

 ウ:「物事の基本法則」(例:原理、理科)

 エ:「宇宙の本体」(例:理気)

 オ:「としてらなければならないとしてわなければならない
   (例:道理、義理)

 カ:「区別」、「区分」(例:理知、理性)

 キ:「事(こと)物(もの)」(例:理路、理法)

 ク:「仲立ち(双方のって意見をまとめたりして、がうまく治まる
   ようにする。また、その。)
」(例:理官)

 ケ:「正(ただ)す」、「整える」(例:管理)

 コ:「処理する(さばく)」(例:料理、処理)

 サ:「分ける」、「区別する」(例:理知、理性)

 シ:「物事がそうなった、また、物事をそのように判断した」(例:理由)

 ス:「きめ・すじ(細かい模様)」(例:理気)

②「おさめる

 ア:「磨(みが)く」、「磨(みが)く

 イ:「正(ただ)す」、「整える

 ウ:「処理する(さばく)

 エ:「分ける」、「区別する

③「おさまる

 ア:「筋が通る(っているがわかる)

 イ:「整う

④「ことわり

 ア:「物事の道理(物事の正しい順序)

 イ:「物事がそうなった、また、物事をそのように判断した

 ウ:「当然であるさま

成り立ち

会意兼形声文字です(王()+)。「3つのひもでいた」象形

(「」の意味)と「区画された耕地の象形と土地の祭る

固めの象形
」(「った筋(すじ)」の意味)から、「筋(すじ)

美しせるように磨(みが)く整える
」を意味する「理」という漢字が

成り立ちました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちの歴史背景まで学びたい人はぜひ、
【漢字の謎解明講座】の資料をもらってみて下さい。
資料は無料でもらえるので、早速、資料請求してみた所、
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しました。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
資料請求は無料ですので、ぜひ、資料をもらってみて下さい。

⇒【漢字の謎 解明講座】の無料資料
申し込みはこちら




読み

音読み:「

訓読み:常用漢字表内はなし

常用漢字表外:「おさめる」、「ことわり」、「すじ

名前(音読み・訓読み以外の読み):
あや」、「おさ」、「おさむ」、「」、「さだむ」、「さと」、「すけ」、
たか」、「ただ」、「ただし」、「ただす」、「とし」、「のり」、「まさ」、
まろ」、「みち」、「よし

画数

11画

部首

玉・⺩(おう(王)、おうへん(王偏)、たま(玉)、たまへん(玉偏))

「玉・⺩」を含む漢字一覧

合わせてチェックしてみよう
」、「」、「」、「」、「

書き順・書き方
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る