漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「祥/祥」という漢字
「祥/祥」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「祥」は中学生で習います。「祥」は常用漢字外(人名用漢字)です。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「しょう

 ア:「さいわい・さち(幸せ、ありがたい、めでたいばしい)
    (例:吉祥、不祥事)

 イ:「きざし(物事が起こる小さな変化)。めでたいの前触れ。
  (例:嘉祥、発祥)

 ウ:「忌み明け(近親者がなくなった場合に一定期間、悲しみ
    外出控える期間を終える)の祭り
」(例:大祥、小祥)

成り立ち

会意兼形声文字です(ネ()+)。「にいけにえを捧げる」の象形と

」の象形(「ひつじ」の意味)から、「供えてよき神意を

受ける
」、「幸い」を意味する「祥」という漢字が成り立ちました。

※「祥」は「祥」の旧字(以前に使われていた)です。

※「祥」は「祥」の略字です。


読み

音読み:「ショウ

訓読み:常用漢字表内はなし

常用漢字表外:「きざ(し)」、「さいわ(い)」、「さち

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):
あきら」、「さか」、「さき」、「さむ」、「ただ」、
なが」、「ひろ」、「やす」、「ゆき」、「よし

画数

10画」(祥)

11画」(祥)

部首

(しめす、しめすへん(示偏))

「示・礻」を含む漢字一覧

美しい漢字の書き方

100万人を超える指導実績を持つ
【がくぶんのペン字講座】無料資料には、
漢字を上手に書くコツがすごく細かく記載されており、
それを参考に漢字を書いてみると、ビックリするくらい
美しい漢字が書ける
ようになってすごい感動しました!

美しい字が書けるようになると、周りの人からも
褒められて、とても気持ちが良い
です!
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒美しい漢字が書けるようになる
【ペン字講座】の無料資料はこちら


漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る