漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「蔵/藏」という漢字
「蔵/藏」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「蔵」は小学6年生で習います。「藏」は常用漢字外(人名用漢字)です。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「くら(物品をしまっておく所)」(例:土蔵)

②「内臓(動物の身体の中にある器官の総称)」(例:臓腑)

③「仏の教えを記した文章・ 書物」(例:蔵経)

④「チベット(西蔵)

⑤「おさめる」、「しまう」、「しまっておく」、「たくわえる」(例:貯蔵)

⑥「後で役立てるに、しまっておく物品

⑦「隠す」、「隠れる」(例:埋蔵)

⑧「深い

⑨「草の名前。おぎに似た草

⑩「損なう(物を壊す、傷つける)

⑪「大蔵省の」(例:蔵相)

[蔵・倉の使い分け](くら)

」・・・「日本式の土蔵(外壁を土壁として漆喰などで仕上げられる
      もの)で作られたもの
」(例:蔵屋敷)

」・・・以外は「倉」を用いる。(例:米倉)

成り立ち

形声文字です(艸+臧)。「生え」の象形と「矛(ほこ)の象形と

しっかり見開いた目の象形
」(「倉(ソウ)」に通じ(同じ読み持つ「倉」と

同じ意味を持つようになって)、「かくしてしまう」の意味)から、「かくす・

かくしてしまう場所
」、「くら」を意味する「蔵」という漢字が成り立ちました。

※「蔵」は「藏」の略字です。

※「藏」は「蔵」の旧字(以前に使われていた)です。

漢字の成り立ちの歴史背景

漢字の成り立ちの歴史背景まで学びたい人はぜひ、
【漢字の謎解明講座】の資料をもらってみて下さい。
資料は無料でもらえるので、早速、資料請求してみた所、
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しました。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。


資料請求は無料ですので、ぜひ、資料をもらってみて下さい。





読み

音読み:「ゾウ

常用漢字表外:「ソウ

訓読み:「くら

常用漢字表外:「おさ(める)」、「かく(れる)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):
おさむ」、「ただ」、「とし」、「まさ」、「よし

画数

15画」(蔵)

18画」(藏)

部首

(くさ、くさかんむり(草冠)、そうこう)

「艹・艹・艸」を含む漢字一覧

漢字・漢和辞典/学習教材:OK辞典 トップへ戻る