漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「暖」という漢字
「暖」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「暖」は小学6年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「あたたかい

 ア:「寒すぎもせず、暑すぎもせず、調度よい気温・温度である。だん。
   (例:暖かい部屋、暖気)

 イ:「金銭が十分にある」(例:懐が暖かい)

 ウ:「明るく、寒い感じがしない」(例:暖かいの部屋)

②「あたたか

 ア:「寒すぎもせず、暑すぎもせず、調度よい気温・温度である様(さま)
   (例:暖かな部屋)

 イ:「金銭が十分にある様(さま)」(例:懐が暖かだ)

 ウ:「明るく、寒い感じがしない様(さま)」(例:暖かなの部屋)

 エ:「穏やか様(さま)」(例:暖かな)

 オ:「素直な様(さま)」(例:暖かな)

 カ:「ずうずうしい(に迷惑をかけても平気でいる)さま()
   (例:暖かな言う)

 キ:「いい気なる(実際よりえらいだと思い込む)さま()
   (例:暖かなになってはいけない)

③「あたためる

 ア:「調度よい気温・温度に高める。だん。」(例:部屋を暖める、暖房)

 イ:「登場する機会がなくて控えている。である。
   (例:ベンチを暖める)

 ウ:「自分だけで利益を独占する。また、こっそり
    自分のにする
」(例:ったを暖める)

④「あたたまる

 ア:「調度よい気温・温度になる」(例:部屋が暖まる)

 イ:「収入の程度がくなる」(例:懐が暖まる)

[暖・温の使い分け](あたたかい・あたたか・あたためる・あたたまる)

「暖」・・・「寒い(反対の言葉)として用いる
     (例:部屋が暖かい、懐が暖かい)

」・・・「冷たい(反対の言葉)として用いる
     (例:飲み物が温かい温かい)

成り立ち

形声文字です(+爰)。「太陽」の象形と「あるから

さしのべてひく
」象形(「引く」の意味だが、ここでは「」に通じ(「」と

同じ意味を持つようになって)、「渡る」の意味)から、って

あたたかい」を意味する「暖」という漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
ぜひ、【漢字の謎 解明講座】の資料を無料でもらってみて
下さい。ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで
記載
されていて感動しますよ。また、古代中国の歴史が
イメージできるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
講座の受講は有料ですが、資料は無料でもらえますので、
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒もらって大満足【漢字の謎 解明講座】
の無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「ダン

常用漢字表外:「ノン」、「ナン

訓読み:「あたた(か)」、「あたた(かい)」、「あたた(まる)」、「あたた(める)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):「あつ」、「はる」、「やす

画数

13画

部首

日(にち、にちへん(日偏)、ひ、ひへん(日偏))

「日」を含む漢字一覧

漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る