漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「衿」という漢字
「衿」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「衿」は常用漢字外(人名用漢字)です。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「えり」(同意語:)

 ア:「衣服の首回りの部分。また、そこにつける補強したり、目立たせたり
    する。きん。
」(例:ワイシャツの衿を立てる、開衿)

 イ:「後ろの部分」、「首筋(の根っこ)

 ウ:「上着、下着を重ねて、着物同士を合わせる」(例:三つ衿)

 エ:「掛け布団のにあたる部分にかけるくて薄い

②「小さい

③「紐(ひも)。付け紐(着物等で首回りの部分の付けられて
  いる)。


④「結(むす)ぶ」(例:衿契)

⑤「帯びる

⑥「下帯(したおび)

 ア:「ふんどし

 イ:「腰巻き

 ウ:「肌着の結ぶ。下紐。

⑦「思い」(例:開衿、衿契、胸衿)

成り立ち

会意兼形声文字です(衤()+)。「身体に纏(まつ)わる衣服の

襟元(えりもと)
」の象形(「衣服」の意味)と「あるをすっぽり含む

さま()
」(「覆う」の意味)から回り覆うえり」を意味する

「衿」という漢字が成り立ちました。


読み

音読み:「キン

訓読み:「えり」、「むすぶ

画数

9画

部首

衤(ころもへん(衣偏))

「衤」を含む漢字一覧

合わせてチェックしてみよう
」、「

美しい漢字の書き方

100万人を超える指導実績を持つ
【がくぶんのペン字講座】無料資料には、
漢字を上手に書くコツがすごく細かく記載されており、
それを参考に漢字を書いてみると、ビックリするくらい
美しい漢字が書ける
ようになってすごい感動しました!

美しい字が書けるようになると、周りの人からも
褒められて、とても気持ちが良い
です!
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒美しい漢字が書けるようになる
【ペン字講座】の無料資料はこちら


漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る