漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「謂」という漢字
「謂」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「謂」は常用漢字外(人名用漢字)です。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「いう」(同意語:言う)

 ア:「考え話す。自分の考え述べる」(例:問題点を謂う)

 イ:「名付ける。呼び名を述べる」(例:このと謂う)

②「いい

 ア:「名称。呼び名。」(例:このと謂います)

 イ:「~という意味」(例:間髪入れずとは正にこの謂いである)

 ウ:「理由。あるをする理由・目的。」(例:この謂いを説明する)

③「いわれ

 ア:「物事が起こった理由」(例:遺跡の謂われを説明する)

 イ:「現在に至るまでの立派な歴史」(例:謂れのある)

④「思う

⑤「勤(つと)める

⑥「所謂(いわゆる)は、「世間(集まり生活している)で
  言うの」という意味
」(例:これが所謂、竜巻だ)

⑦「謂何(いかん)は、「いかに(どのように・どんなふうに)」という意味

[謂・云・言の使い分け](いう)

「謂」・・・「考え話す場合。呼び名を述べる場合
     (例:問題点を謂う、このと謂う)

」・・・「から伝えられたから述べる場合
     (例:この云うらしい)

」・・・「上記を含めすべての場合に使える
     (例:感想を言う)

成り立ち

会意兼形声文字です(+)。「取っ手のある刃物の象形と

象形
」(「(つつし()んで)言う」の意味)と「った食べ物

の象形とったの象形
」(「」の意味)から、「ある物事をのように

んで述べるでよく考え話す
」を意味する「謂」という漢字が

成り立ちました。


読み

音読み:「

訓読み:「いい」、「い(う)」、「いわ(れ)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):「つぐ」、「つとむ

画数

16画

部首

言(ごんべん(言偏)、げん、ことば(言葉))

「言」を含む漢字一覧

合わせてチェックしてみよう
」、「」、「

美しい漢字の書き方

100万人を超える指導実績を持つ
【がくぶんのペン字講座】無料資料には、
漢字を上手に書くコツがすごく細かく記載されており、
それを参考に漢字を書いてみると、ビックリするくらい
美しい漢字が書ける
ようになってすごい感動しました!

美しい字が書けるようになると、周りの人からも
褒められて、とても気持ちが良い
です!
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒美しい漢字が書けるようになる
【ペン字講座】の無料資料はこちら


漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る