漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「蝶」という漢字
「蝶」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「蝶」は常用漢字外(人名用漢字)です。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「ちょう

 ア:「チョウのうち、アゲハチョウ上科・セセリチョウ上科にする
    昆虫の総称。の組み合わせに富む2の翅(はね-
    飛ぶの器官)をち、螺旋(らせん)伸ばして花蜜や
    樹液を吸う。触角は棍棒(こんぼう)または、鉤(かぎ)のような
    している。日中に活動し、止まるは翅を立てる。日本には
    260られる。全世界の森林・草原・高山にいる。
    美しくて無害な生き物と評価されており、キリスト教では復活の
    象徴、ギリシャではや不死の象徴とされている。ちょうちょう。
    ちょうちょ。


※器官と組織について
た細胞がって同じような働きをしているとき、これを組織といい、
この組織がって目的をもった共同の作業をするとき器官という。

 イ:「紋所(家々で定めている紋章)の名前。「ア」をしたもの。

成り立ち

会意兼形声文字です(+枼)。「大きくてグロテスクな、まむし」の

象形(「」の意味)と「」の象形(「くて平たい」の意味)から、

くて平たいちょう」を意味する「蝶」という漢字が成り立ちました。

まむしとは、日本に多く生息する全長45 - 80センチ
メートルの
です。年間約3,000人が被害を受け、死者は
5 - 10名程度
と意外と毒性が低いです。



読み

音読み:「チョウ(テフ)」、「ジョウ(デフ)

訓読み:なし

画数

15画

部首

虫(むし、むしへん(虫偏))

「虫」を含む漢字一覧

合わせてチェックしてみよう
」、「

美しい漢字の書き方

100万人を超える指導実績を持つ
【がくぶんのペン字講座】無料資料には、
漢字を上手に書くコツがすごく細かく記載されており、
それを参考に漢字を書いてみると、ビックリするくらい
美しい漢字が書ける
ようになってすごい感動しました!

美しい字が書けるようになると、周りの人からも
褒められて、とても気持ちが良い
です!
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒美しい漢字が書けるようになる
【ペン字講座】の無料資料はこちら


漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る