漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「図/圖」という漢字
「図/圖」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「図」は小学2年生で習います。「圖」は常用漢字外です。)

成り立ち読み方画数・部首書き順(図)
意味

①「

 ア:「や位置を使ってしたもの」(例:地図、図面)

[絵・図の違い]

」⇒考え使ってしたもの。
「図」⇒や位置を使ってしたもの。

 イ:「や位置を使って表す」(例:縮図)

 ウ:「集まってつのを構成しているもの」(例:図形)

 エ:「物事の様子(状況・状態)」(例:られた図でない)

 オ:「考えてた通り(予想通り)

 カ:「計画

 キ:「十二律(中国や日本で用いる高さを12段階に分けたもの)
   の各音階の正しい高さいてしたもの


 ク:「調子(動作や進行の勢い)」(例:図に乗る)

②「

 ア:「や位置を使ってしたもの」(例:画図)

 イ:「」(例:図書館)

 ウ:「地球表面の一部または全部を縮小し、記号・文字
    用いて平面上にしたもの
」(例:版図)

 エ:「物事をおうとして色々と考える」(例:意図)

 オ:「計画」(例:企図)

 カ:「未来記(未来に起こるを予言した)」(例:図讖)

③「はかる(物事をおうとして色々と考える。計画する。)
  (例:解決を図る)

④「中国古代の伝説で、竜馬が黄河から背負ってたという
  八卦の図(を使ってしたもの)


八卦とは、用いられる基本図像の言う
  八卦を2つずつ組み合わせるにより六十四卦られる。

とは、中国の占いの1つ。

[計・測・量・図・謀・諮の使い分け](はかる)

」・・・「や時間を数える。まとめて考える
     (例:時計を計る、の将来を計る)

」・・・「一定の基準での度合い(程度)を調べる」(例:距離を測る)

」・・・「重さや体積を度合い(程度)を調べる」(例:体重を量る)

」・・・「物事をおうとして色々と考える。計画する。」(例:合理化を図る)

」・・・「悪いおうと計画を立てる。だます(って、
      本当でないことを 本当であると思い込ませる)。

     (例:脱走を謀る)

」・・・「相談する。」(例:会議に諮る)

成り立ち

会意文字です(囗+啚)。「周辺をとりまく」(「囲む」の意味)と「米倉」の

象形から耕作地の境界区域・境界をハッキリさせるの「」を

意味する「図」という漢字が成り立ちました。

※「図」は「圖」の略字です。

※「圖」は「図」の旧字(以前に使われていた)です。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
ぜひ、【漢字の謎解明講座】の資料を無料でもらってみて
下さい。ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで
記載
されていて感動しますよ。また、古代中国の歴史が
イメージできるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
漢字の面白さが無限に広がる、もらって大満足の資料となって
おります。ぜひ、資料をもらってみて下さい。

⇒もらって大満足【漢字の謎 解明講座】
の無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「ズ(ヅ)」、「

訓読み:「はか(る)

常用漢字表外:「

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):「」、「のり」、「はかる」、「みつ

画数

7画」(図)

14画」(圖)

部首

囗(くに(国)、くにがまえ(国構))

「囗」を含む漢字一覧

書き順(図)
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る