漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「頌」という漢字
「頌」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「頌」は常用漢字外(人名用漢字)です。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「ほめる()・たたえる()⇒のしたこと・行い優れ
  いると評価して、そのことを言う
」(例:頌歌)

②「祝う」(例:頌春)

③「詩経(中国最古の詩集の)の六義(りくぎ-の内容の
  分類)のつ。祖先を祭るにおけるが人間に与える
  を褒め
」(例:商頌)

④「の功績・などを褒める。また、褒めた言葉や
  や文章。
」(例:頌賛、頌辞)

⑤「キリスト教で称える」(例:頌栄)

⑥「占いの言葉

⑦「(さま-状態、姿)

⑧「緩(ゆる)やか。ゆとり。

⑨「公(おおやけ)

⑩「ジュ(梵語 gathaの音訳字(外国語を漢字でした)。
  教え褒める)。(仏教語)
」(同意語:偈)(例:偈頌)

成り立ち

会意兼形声文字です(+)。「通路の象形もしくは、2つに分かれ

いるの象形と場所を示す記号
」(「にする広場」の意味)と

を強調した」象形(「」の意味)から「装いをして広場で

祭りをする
を意味し、そこから、「たたえる」を意味する「頌」

という漢字が成り立ちました。


読み

音読み:「ジュ」、「ショウ」、「ジュウ」、「ヨウ」、「ユウ

訓読み:「たた(える)」、「ほ(める)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):
うた」、「おと」、「つぐ」、「のぶ」、「よし」、「よむ

画数

13画

部首

頁(おおがい(大貝)、いちのかい(一ノ貝))

「頁」を含む漢字一覧

合わせてチェックしてみよう
」、「

美しい漢字の書き方

100万人を超える指導実績を持つ
【がくぶんのペン字講座】無料資料には、
漢字を上手に書くコツがすごく細かく記載されており、
それを参考に漢字を書いてみると、ビックリするくらい
美しい漢字が書ける
ようになってすごい感動しました!

美しい字が書けるようになると、周りの人からも
褒められて、とても気持ちが良い
です!
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒美しい漢字が書けるようになる
【ペン字講座】の無料資料はこちら


漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る