漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「紀」という漢字
「紀」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「紀」は小学4年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首書き順・書き方
意味

①「

 ア:「のり(法律、規範(手本)、おきて、決まり、法則、制度)」(例:紀律)

 イ:「秩序(物事を行う場合の正しい順序)」(例:紀律)

 ウ:「記(しる)す。筋道や順序をって整理・記録する。また、その文章。
   (例:紀行、紀事)

 エ:「歴史書のうち、特に帝王(治める最も地位の高い)の
    一代の事柄をしたもの。
」(例:本紀)

 オ:「細い」(例:紀綱)

 カ:「いとぐち(きっかけ)。初め。物事の基礎。」(例:紀元)

 キ:「かなめ(物事の最も大切な部分、要点、要所)」(例:紀伝、紀要)

 ク:「行うべき」(例:人紀)

 ケ:「。歳月(年月)。」(例:年紀)

 コ:「物事の終わり。最後。」(例:紀極)

 サ:「よ()」(1紀は1は100言う。)(例:二十一世紀)

 シ:「十二年間。十二支の一巡り。」(例:一紀)

十二支とは、占いの道具として設定された
  ・酉・戌・の総称のう。

 ス:「日本書紀の略称」(例:記紀)

②「おさめる。正す」(同意語:)

 ア:「分けて整理する

 イ:「秩序を正す。き。」(例:紀綱)

成り立ち

会意兼形声文字です(+)。「より糸」の象形と「糸巻き」の象形から

糸筋を分けるを意味し、それがじて(派生して・新しい意味がかれ

て)、「おさめる・きまり」を意味する「紀」という漢字が成り立ちました。


読み

音読み:「

訓読み:常用漢字表内はなし

常用漢字表外:「おさ(める)」、「しる(す)」、「のり

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):
あき」、「おさむ」、「かず」、「かなめ」、「きい」、
きの」、「こと」、「しるす」、「すみ」、「ただ」、「ただし」、
つぐ」、「つな」、「とし」、「はじめ」、「ひろ」、
みち」、「もと」、「もとい」、「よし

画数

9画

部首

糸(いと、いとへん(糸偏))

「糸」を含む漢字一覧

書き順・書き方
美しい漢字の書き方

100万人を超える指導実績を持つ
【がくぶん ペン字講座】無料資料には、
漢字を上手に書くコツが細かく記載されている
ので、とても美しい漢字が書けるようになりました。

以前は、《字が読みづらい》と指摘される事も多かった
のですが、無料資料に書いてある内容を実践して
からは、《キレイな字だね》と褒められてるように
なり、すごく嬉しかった
です。

日本ペン習字研究会 会長:田中鳴舟先生が、

◇左右対称になる美しい漢字の書き方

◇バランスの良い漢字の書き方

◇美しい漢字を書く為の訓練法

非常に細かく解説してくれており、
それ(プロの教え)を実践したおかげだと強く感じました。

読みづらくて汚い字だと、周りの評価も低くなってしまう
ので、参考にしてみて下さいね。


≪とても美しい漢字≫が書けるようになる
【ペン字講座】の無料資料はこちら


漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る