漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「暴」という漢字
「暴」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「暴」は小学5年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首書き順・書き方
意味

①「あばれる

 ア:「(被害が出る)激しく行動する(荒々しい)。
    優しわない。ぼう。
」(例:子供が暴れる、乱暴)

 イ:「危険や困難を恐れず、積極的に行う
   (例:国会で大いに暴れる)

 ウ:「を考えずに飲み食いする。ぼう。」(例:暴飲暴食)

②「あばく

 ア:「って取り出す」(例:を暴く)

 イ:「している、気づかないでいるを探り出して
    にする(くのに知り渡らせる)。明らかにする。ばく。

   (例:不正を暴く、暴露)

 ウ:「ずたずたに切る

③「激しい」、「厳しい」(例:暴風)

④「程度が普通の状態を遥か超えている」(例:暴利)

⑤「突然。いきなり。」(例:暴落)

⑥「素手で打ちかかる」(例:暴虎馮河)

⑦「に乾かす。しておく。」(例:一暴十寒)(同意語:)

⑧「壊す傷つける

⑨「の気持ちや身体の調子をくする

⑩「虐(しいた)げる(いじめる)」(例:暴虐)

⑪「あばれる」(例:暴漢)

⑫「犯す」(例:暴略)

⑬「凌(しの)

⑭「悪い」、「悪い

⑮「れる(られる。)

⑯「枯れる

⑰「乾く

成り立ち

会意文字です。「太陽」の象形と「両手」の象形と「動物をいた

象形で、動物などを裂き開いて、太陽にさらすし、そこから、

ててかす」を意味する「暴」という漢字が成り立ちました。

また、この作業があらあらしいから、「あらあらしい」の意味も表す

ようになりました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
ぜひ、【漢字の謎 解明講座】の資料をもらってみて下さい。
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しますよ。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
講座の受講は有料ですが、資料は無料でもらえるので、
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒もらって大満足【漢字の謎 解明講座】
の無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「ボウ」、「バク

訓読み:「あば(く)」、「あば(れる)

常用漢字表外:「にわ(か)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

画数

15画

部首

日(にち、にちへん(日偏)、ひ、ひへん(日偏))

「日」を含む漢字一覧

書き順・書き方
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る