漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「翔」という漢字
「翔」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「翔」は人名用漢字(常用漢字外)です。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「かける・とぶ

 ア:「飛ぶ。しょう。」(例:飛翔)

 イ:「って飛び回る。しょう。」(例:回翔)

 ウ:「から手首までの部分をのように広げて、
    前かがみに早足に歩く。身分の高いなどを
    通るの作法(方法)。しょう。
」(例:翔趨)

②「巡る。あちこちまわり歩く」(例:翔集)

③「振り返る

④「さまよう。目的なく歩き回る。って歩き回る。」(例:翔羊)

⑤「つまびらか(物事の細かいまではっきりしている様(さま))
  (例:翔翔)

⑥「かけり

 ア:「飛ぶ

 イ:「って飛び回る

 ウ:「能楽で、合戦や狂乱の興奮状態を表す。また、その表現
    として用いる囃子(はやし)。また、その囃子による所作(振る舞い)


 エ:「連歌(れんが)・俳諧(はいかい)で、の発想や表現に
    鋭い働きがある


能楽とは、「」と「狂言」の総称の

とは、音楽と躍りによる演劇。シリアスな(まじめな)演劇の

狂言とは、笑い誘うを目的とした演劇の

囃子(はやし)とは、・ 歌舞伎の芸能で、拍子をとり、
 または気分を出すに演奏する音楽。

※「連歌
⇒和歌の上の句(五、七、五)と下の句(七、七)を多数の人達が交互に
  連ねていくもの。

※「俳諧
使える言葉の制約がかった連歌を一般庶民でも楽しめるように
  制約を緩めたもの。

※「和歌
⇒日本だけにある一定規則にそって書き表された()。現在では
  短歌を指す

※「短歌
⇒和歌のの1つ。「五、七、五、七、七」の31られた()。
  テーマは自由。

成り立ち

形声文字です(+)。「」の象形(「」の意味だが、

ここでは「揚(ヨウ)」に通じ(同じ読み持つ」と同じ意味を持つ

ようになって)、「あがる」の意味)と「の両翼」の象形から、

かける・とぶ」を意味する「翔」という漢字が成り立ちました。


読み

音読み:「ショウ(シャウ)」、「ゾウ(ザウ)

訓読み:「かけ(る)」、「と(ぶ)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):「かける

画数

12画

部首

①「羊・𦍌・⺶・⺸(ひつじ、ひつじへん(羊偏))

「羊・𦍌・⺶・⺸」を含む漢字一覧

②「羽・羽(はね、はねへん(羽偏))

「羽・羽」を含む漢字一覧

美しい漢字の書き方

100万人を超える指導実績を持つ
【がくぶんのペン字講座】無料資料には、
漢字を上手に書くコツがすごく細かく記載されており、
それを参考に漢字を書いてみると、ビックリするくらい
美しい漢字が書ける
ようになってすごい感動しました!

美しい字が書けるようになると、周りの人からも
褒められて、とても気持ちが良い
です!
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒美しい漢字が書けるようになる
【ペン字講座】の無料資料はこちら


漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る