漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「室」という漢字
「室」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「室」は小学2年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首書き順・書き方
意味

①「むろ

 ア:「を保存したり、育てたりするに外気に触れないような
    特別な構造にった。しつ。
」(例:氷室、温室)

 イ:「山腹等に堀った岩屋(ってった)」(例:岩室)

 ウ:「僧の」(例:庵室)

 エ:「古代、を掘り下げ、立て屋根をつけた」(例:室屋)

 オ:「ぬりごめ(設けた、で塗り込めた部屋。寝室使う)

②「の区切られた区画。部屋。」(例:寝室)

③「会社や官庁の組織の」(例:企画室)

④「特に、身分の高い」(例:正室)

⑤「」、「住宅」(例:宮室)

⑥「家族」、「一家(1つの家族)」(例:王室、皇室)

⑦「」(例:墓室)

⑧「刀剣の(さや-入れる)」(例:刀室)

⑨「星座の名前。ペガサス座のペガスス座のα (アルファ) 星・
  β (ベータ) 星を指す。二十八宿のつ。
」(例:室宿)

二十八宿とは、が地球を1するに通過する28の星座の
  います。二十八宿のは、仏教における守護神としての
  四神獣であり、の4方向のうちを青龍、を朱雀、西を白虎、
  を玄武がっているとされています。その4方向にはそれぞれ7つ
  の星座(宿)がまれるようにしました。

成り立ち

会意兼形声文字です(宀+)。「屋根・家屋」の象形と「が地面に

つきささった
」象形(「至る」の意味)から留まるへや」を意味する

「室」という漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
ぜひ、【漢字の謎 解明講座】の資料を無料でもらってみて
下さい。ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで
記載
されていて感動しますよ。また、古代中国の歴史が
イメージできるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
講座の受講は有料ですが、資料は無料でもらえますので、
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒もらって大満足【漢字の謎 解明講座】
の無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「シツ

訓読み:「むろ

常用漢字表外:「いえ」、「つま」、「へや

名前(音読み・訓読み以外の読み):「

画数

9画

部首

宀(うかんむり(ウ冠))

「宀」を含む漢字一覧

書き順・書き方
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る