漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「蔓」という漢字
「蔓」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「蔓」は常用漢字外(人名用漢字)です。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「つる

 ア:「植物ので、それ自体ではたず、伸び
    巻き付いててったりするもの。まん。
」(例:蔓生、蔓延)

 イ:「つる草(が「ア」のようになる)。まん。」(例:蔓生)

 ウ:「植物の巻きひげ(が変形して細長くなり、に巻き付く
    働きをするもの)
」(例:蔓生)

 エ:「眼鏡のにかける部分

 オ:「手がかり」(例:蔓を求めて東京へ行く、手蔓)

 カ:「頼り(してくれるものとして信じているもの)
   (例:を蔓にする、手蔓)

 キ:「離れていると連絡する方法・手段」(例:連絡する蔓がない)

 ク:「。系統。繋がり。」(例:家系の蔓)

 ケ:「鉱脈(岩石の割れ目を役に立つ・価値がある鉱物が満たして
    いる場所)


鉱物とは、地球の表面を形作る岩石のに存在する無生物で成分が
  一定の固定物質の

②「つるが出る。つるを出す」(例:蔓生)

③「延びる広がる」(例:蔓延、蔓延(はびこ)る)

④「乱れる

⑤「絡(から)まる。巻き付く。」(例:蔓纏)

⑥「蔓菁(まんせい)は野菜の名前。カブ()の別名。アブラナ
  アブラナの一年草(1んでしまう植物)。主要産地は
  千葉県で漬物や煮物・味噌汁の具材用いる


⑦「蔓蔓(まんまん)は、ア:久しいさま()、イ:日々にって
  いくさま()
、ウ:広がるさま()、エ:まとまりがなく、わかり
  ずらいさま()


成り立ち

会意兼形声文字です(艸+曼)。「生え」の象形と「帽子の象形

の象形と両手の象形
」(をあててを切れ長にせる

ような化粧の様(さま)から、擬態語として「長い」の意味)から、長い

つる」を意味する「蔓」という漢字が成り立ちました。

擬態語とは、事物の状態や身ぶり等の感じをいかにもそれらしく
 象形文字でしたものをいます。


読み

音読み:「バン」、「マン

訓読み:「つる」、「はびこ(る)」

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):「なが」、「のぶ

画数

14画

部首

(くさ、くさかんむり(草冠)、そうこう)

「艹・艹・艸」を含む漢字一覧

美しい漢字の書き方

100万人を超える指導実績を持つ
【がくぶんのペン字講座】無料資料には、
漢字を上手に書くコツがすごく細かく記載されており、
それを参考に漢字を書いてみると、ビックリするくらい
美しい漢字が書ける
ようになってすごい感動しました!

美しい字が書けるようになると、周りの人からも
褒められて、とても気持ちが良い
です!
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒美しい漢字が書けるようになる
【ペン字講座】の無料資料はこちら


漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る